FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

最近読んだ本

今は夏休みなので、図書館からよく本を借りてきます。
この本もそんな中の1冊。
たくさんの本の中でフッと目に留まったのです。

見てみると作者がガブリエル・ゼヴィン。
そういえば大天使ガブリエルは執筆活動をする人を
手助けしてくれるんだな~ということを思い出しました。

これは15歳で死んでしまったエリザベスの物語。
死んで、そしてある場所へたどり着きもうひとつの
人生が始まっていく。
最初は受け入れられないけれども、いろんな人との出会い
によって自分の新たな人生を生き始める


もちろんフィクションですが、死というのは
終わりではないんだな~と感じさせる1冊でした。


天国からはじまる物語 天国からはじまる物語
ガブリエル ゼヴィン (2005/10)
理論社
この商品の詳細を見る



昨日江原さんの「天国からの手紙」を見ましたか?
私はずっと2時間号泣しっぱなしでした。

江原さんの一言
「親は身を削って、心を削るからこそ 子どもが輝く」

赤ちゃんを産んですぐに亡くなったお母さんからの
手紙の中の一言
「ママはあなたを産んだから死んだのではなくて
 あなたを産むために生まれてきたのです。」

私の心に深~く残った一言でした。

スポンサーサイト

2007/08/08 18:12 |COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。